Vision

背柱から後脚に掛けてジグザクに折れ曲がる特徴的なラインは、これまでになかったデザインの在り方です。椅子をデザインする際、背柱と後脚を 1 本の無垢材から削り出すので、材料の軽減やコストダウンのために、出来るだけ小さな親板 ( 脚を削り出すための無垢板 ) から取れる形状を考えます。この椅子は、一見すると大きな材料を必要とする形状に見えますが、見た目の印象とは異なり、材料を効率的に使い、さらに美しいラインを作る要素を見つけることができました。そして、人の手が触れる部分の形状を追求し、触感を大切にしました。