Torii stool , Torii bench

木曽檜の官材の柾目材を使用して作ったスツールとベンチです。国有林で育った天然木が官材、植林などによって育てられた材が民材です。そして、木曽地域から裏木曽地域(飛騨南部、東濃地域)の国有林で育てられた樹齢300年以上の檜だけが木曽檜官材として呼ばれています。木曽檜は20年毎に行われる伊勢神宮の式年遷宮の社殿の建て替えで使われることでも有名ですが、そこで使用される木曽檜は宮内庁が管理する林の檜です。官材とはそれほどまでに貴重な木材ということです。木曽檜は日本固有の木材です。台湾檜もありますが、日本の檜とは色合いなどが多少異なります。檜は耐用年数が長く、世界で最古の木造建築物である奈良の法隆寺も約1,400年前に建造された時の檜材が現在もそのまま使われており、その木材は樹齢2,000年を越えていると言われています。

コンクリートや鉄よりも寿命が長く、伐採後1,000年近くの間は強度が上がり、その後の1,000年で強度は徐々に減退してゆきますが、長ければ2,000年の耐久性を持つという研究結果も出されている木材です。強度が高く耐久性に優れている一方、柔らかく狂いが少ないので加工がしやすく、清浄な白さをもつ檜材は古くから社寺仏閣の建造には欠かせない木材でした。伊勢神宮や出雲大社の鳥居にも木曽檜が使われています。

その日本固有の鳥居の形には独自の神聖さと美しさがあります。このスツールとベンチにもその美しさを宿らせるため、デザインは神社の鳥居のアウトラインを参照しました。座面の木口面も下側へ向かって斜めに傾斜を付け、両脚の開きも鳥居に近い角度にしています。構造は釘などの金物を一切使わずに組み上げました。宮大工が社寺仏閣の建築工法で使用する仕口を採用し、天板と両脚を繋ぐ貫は2枚ほぞで接合しています。

木曽地方の厳しい自然環境によって生育に時間の掛かる木曽檜だからこそ緻密で繊細な木目を持っています。その表情の美しさを引き出すために、表面は手鉋で丁寧に仕上げました。特に檜材やヒバ材、杉材のような針葉樹は木材の加工の際に紙やすりやサンダーなどで表面処理を施すとボソボソに繊維が破壊され、そこから木材が腐ったり、劣化してゆきます。昔の人々は木材の表面を鉋のような刃物できれいに削り、木材が持つ本来の美しさを保つ知恵を持っていました。木曽檜の柔らかな手触りと爽やかな芳香をそのまま生かすために、仕上げは無塗装としました。

品番: I-291 / I-292
サイズ: W440×D280×H440 / W900×D280×H440
本体: