Bronze casting sculpture (NEW)

これまで家具の世界では使われることがなかった日本の鋳物技術を使い、その特徴である自由な造形性を生かして、鋳物が持つ魅力を反映させたプロダクトです。このスツールはブロンズを鋳造し、艶を抑え、素材が持つ重厚感を存分に表現しました。一体の彫刻に宿るような力強さとシャープなフォルムによる繊細さを共存させました。

時間の経過とともに、ブロンズは酸化して黒ずみ、緑青が現れ、表情を変えていきます。朽ちていく様子や移りゆく姿の儚さに美しさを感じ、尊い価値を見出す感性を映し出したようなプロダクトです。

chairs / stools / benches