Dorf


D D – 0 0 3

Dorfは全ての部材が無垢材で構成されています。スポークは円弧を描くように座面の穴に直接刺して取り付けられています。これはウィンザーチェアの特徴であり、最も強度の出る接合方法です。無垢材のアームがそのスポークを繋ぐようにラウンドして、ウィンザーチェアの特徴的な背もたれの意匠が出来あがってゆきます。無垢材の座面には座ぐりと呼ばれる掘り込みが施されており、優しい座り感を実現しています。Dorfのラインナップ全てに共通する特徴は、座面裏のディテールです。元来のウィンザーチェアは座面裏に脚を直接刺す方法で接合されていましたが、それは強度を保ちにくい構造でした。そこで、Dorfは座面と脚を繋ぐクロス型の部材を用い、その部材に脚を刺すことで強度を確保するとともに、無垢材の座面の反り留めの効果も得て、安定感のある椅子が完成しました。

2011年に発表したスツールは一般的なスツールよりも座面を少し高くしてあるため、キッチンでの作業時をはじめ、移動して様々な場面でフレキシブルに使用することができます。2013年にはDorf Armとハイスツールを発表しました。Dorf Armはゆったりとしたラウンジチェアのような存在感があり、ハイスツールはバースツールとして、Dorfの世界観を広げる構成となっています。


D D – 0 0 3

D D – 0 0 3

D D – 0 0 4

D D – 0 0 4

D D – 0 0 4

D D – 0 0 4

D D – 0 0 4

D D – 0 0 6

D D – 0 0 6

D D – 0 0 6
Designer: DRILL DESIGN

chairs / stools / benches