Leon seamless half arm chair

Leon seamless half arm chairはLeo seamless arm chairのアームを短くすることで、デザインとしてのダイナミズムを表現したものです。アームが短くなることで座面がサイド面からも見え、アームのボリューム感が軽減され、よりスタイリッシュで動きのある佇まいが生まれました。機能面においては、テーブルとセッテイングした時にアームが短いことで立ち座りのストレスがなく、スムーズな掛け心地を実現しています。

また、後脚を繋ぐ座枠に大きなアールを付けることで背もたれの形状全体に丸みを持たせ、このアール面がこれまでのアームチェアよりも上質な質感と品格を生み出しています。ふくよかでゆったりと座ることができるようになり、ラウンジチェアとしての機能性を高めることに繋がりました。

chairs / stools / benches