Takenoko chair

日本の木造軸組建築のように水平垂直に構成した、小さな空間性を持つ椅子です。その小さな建築に、場を掃き清め、自然に合わせて慎ましく暮らしてきた日本人の自然主義的生活美学を込めました。

アームをテーブルに掛けて椅子を浮かせることを可能にすることで、テーブル下の掃除が容易な設計としました。禅寺の修行の一つに掃除があるように、場を美しく清めることは、私たちがどう生きるかという哲学的で宗教的な実践です。脚部はつま先や踵が当たりやすい箇所を斜めにカットすると、筍の子に似た美しい断面が現れます。これは、床を貫くものとして忌み嫌われる家屋内の筍の子を、あばら屋の風情として愛する侘び寂びの感性の現れです。