The sensual ladder back armchair

快適な座り心地を実現させる要素として、背もたれの感触が大きく影響すると考えました。背と座のクッションをウッドフレームに取り付け た新しい構成のチェアです。脚部は楕円形の断面形状をしており、正面からは楕円の稜線がシャープな印象を与え、側面からはふくよかな柔らかさを持ち、相反する表情が共存する、今までにない佇まいをした椅子になりました。脚部の角度やアームの形状など、立ち姿に動きを与えながらも抑揚を抑え、洗練された姿へと整えました。

背のクッション性を高めることで、身体に馴染み、異なる体型によって生じる快適性の個人差を解消させました。