Cats chair

座枠に丸みを帯びさせることで丸棒のアームと脚との繋がりに一体感が生まれ、座枠からアーム、座枠から脚先に繋がる丸棒の太さを変えて、より軽やかさを出しました。それぞれ別のパーツで構成されている背板、背柱、アームが一体となるように整える工程は高い精度が求められ、手の感覚を頼りに繊細に微調整しました。住宅からパブリックスペースに至るまで、幅広い空間で使うことのできる意匠性と快適性を併せ持っています。