Leo seamless armchair

最も大切にしたことは、全体を構成する面を出来るだけ繋いでゆくことです。この基本構成をいかに自然に、有機的なディテールで繋いでゆくことができるかによって、アームチェア全体に一体感が生まれるかが決まります。すっきりとした印象の中にもふくよかさを持たせ、緊張感と柔らかさを同居させました。

ダイニングチェアとしての機能性を重視し、重くなりすぎないように軽量化も考慮しました。張地の柔らかさと、意匠性としての緊張感を持った品格のある佇まいを目指し、アームチェアのひとつの答えとなりました。