Kura (NEW)

東大寺・正倉院に代表される高床式建造物は、日本の高温多湿な気候や虫害から多くの美術品を守ってきました。私たちは先人の知恵から学び、その形式を家具に出来ないかと考えました。

KURAは、キャビネットを支える側板をなくし、建築様式の柱構造に倣いました。4面から光が差し込み、格子扉越しに収蔵物のシルエットを感じ、格子扉を借景に収蔵物を楽しむことが出来るように設計しました。