Lyon

テーブルの基本形となる 4 本脚のダイニングテーブルです。形状はとてもシンプルですが、天板フレーム部分は高い精度が求められる留め継ぎ加工が施され、製品としての密度を備えています。円錐状に真っすぐ滑らかに伸びた脚と厚突板の天板で構成し、無垢材のみで作られたテーブルと比べコストを抑えることができ、軽量であることも特徴です。 すべてのアウトラインが面取りされていますが、適度なR面を見つけ出し、モダンな要素も加えました。ノックダウン金物を自社開発し、脚が取り外せる構造はテーブルの設置時に重宝します。