Overlap

4本の脚と1枚の天板で構成された、シンプルで清楚なテーブルを作りました。柔らかさとシャープさが同居するように削り出された脚は、三方留めという高い技術で組み上げています。三方留めとは文字通り3方向から集まる部材を寸分の狂いなく正確に 45度の角度で接合する加工です。27ミリ厚の天板はその厚みを感じさせることなく、静かに脚フレームの上に添えられています。

適正な材料と高い技術で強度を保ち、過度な装飾を排し、長く愛される製品を作りたいと考えています。