Za

床に座る文化を持つ日本では、かつて御膳に一人ひとりの食器を載せて食事をしていました。現代でも床に座って寛ぐ習慣はあり、傍らの Za に飲み物や読みかけの本などを置くサイドテーブルとして製作しました。「こぼれ止め」としての玉縁が細く施されている、控えめな佇まいとなっていますが、脚や天板の接合部は精度が求められる木工技術が凝縮しています。出来るだけ装飾を抑え、気軽に移動できる小ぶりなサイズ感が、使い勝手のよい生活の中の道具となることをイメージしました。

Peter Zumthor collection

side table