Oke

奈良県・吉野には、何百年にも渡って守り続けられている森がありま す。多湿な環境にも恵まれ、まっすぐで緻密な木目を持つ吉野杉は、城や寺院の建築材として、または醸造用の樽や桶の材料として重宝されました。80 ~ 100 年という長い時間を掛けて、太く、美しい杉へと育てる吉野の森は、人々の営みを支える産業としてだけでなく、この地を守り続けている人々にとって心の拠り所にもなっています。

桶や樽は、家庭で水や湯を汲んだり、溜めたりする小さなものから、 酒や醤油の醸造に使われる大きなものまであり、今日に至るまで日本文化に根付いている生活の道具です。

桶は、材料を作る樽丸職人(桶や樽の木の材料を樽丸と言います)とその材料を使って桶や樽に仕上げる桶結師によって作られます。樽丸職人は、木の個性を見抜き、板の表情が最も生きるように手で削り、次の工程を担う桶結師へ材料を渡します。桶結師は、桶を立てる際 (曲がった板を組みあわせ桶の側板をつくること)、組み上げて、箍 (たが) で巻いて締めます。その後、底板をはめ込むことで箍 (たが) がしっかり締まり、完成します。

板と板を隙間なく立てることは高い技術と丁寧な研磨の繰り返しに よって作られます。歴史ある木製のものは、道具として理にかなったつくりで、修理をしながら長く使い続けることができ、直しながら使い続ける日本の文化を表した道具です。

私たちは日本の家具メーカーとして、桶を再解釈し、日常の中に溶け 込む家具が出来ないかと考えました。意匠として上下を留加工し蓋を被せ、仕口をシームレスにみせることで、桶のアイコニックな形としました。 傾斜のついている側板に対し、上下に留加工しピッタリと納めることは 非常に高い加工精度と熟練した技術が求められる工程です。桶は一見、 正円に見えますが、完全な円ではないため、蓋を入れた後、1 点 1 点、手鉋で削り、留部分の調整を丁寧に行います。留加工は何度も試作と検 証を重ねたことで、一体感のあるプロダクトが完成しました。

家具には、楢や欅といった硬くて丈夫な広葉樹が多く使われますが、 日本の国土の多くを占める針葉樹である杉を使った家具づくりは、私たちに新しい視点を与えてくれました。杉の温かみのある質感や軽やかさは空間に心地よい間合いを作ります。

T-771
T-772
T-773
T-774