Blue in Green

アルミアルマイト仕上げはコンピュータやカメラなどの精密機器のパーツの仕上げに多く使われているアルミの耐食性を上げるための最終仕上げです。アルマイト処理する工程から 2 次的に生まれた染料によるアルミの染色加工にとても魅力を感じ、家具として製品にしたいと考えました。染色加工はアルミの表面に色を塗装するのではなくて、アルミアルマイト処理によってできた多孔質層の孔に染料を入れ、その孔を塞ぐ処理によってアルミそのものを染め、深みのある表情を作ります。染料の色と濃度、浸透時間の長さによってアルミの色が変わる、経験値と計測値の両方が必要な技術です。

Peter Zumthor collection

side table