A table in the silent forest

このテーブルは、存在感を消し去るような静かな佇まいを特徴としています。1 枚の天板と 2 枚の脚、そして脚を繋ぐ貫の 4 つのシンプルなパーツで構成されていますが、それぞれのパーツのデザインと仕上げにこだわりました。

日本の工芸品である刀や漆、社寺仏閣の佇まいに内在する静動感は日本独自の美意識であり、日本人が目指したものづくりの神髄でもあります。そのような佇まいを持つ静かなテーブルの在り方を模索し、完成しました。

Peter Zumthor collection

side table