Shoku

「卓」と書いて「しょく」と読む、盆栽や花器などを載せる台をそう呼びます。板状の敷板を地板と呼びます。盆栽は卓または地板の上に置くのが作法と言われています。日本の和室にある「床の間」にも飾り方の作法があります。盆栽を飾り、掛け軸を掛け、違い棚には人形や景色に見立てた水石と呼ばれる石を置き、客人をもてなし季節の移ろいを愉しみます。

中国の明の時代や韓国の李朝の時代の卓のようにとても高価な名品もありますが、私たちは現代の空間に合う盆栽の卓を作りました。

Peter Zumthor collection

side table