Transit sofa brass, Transit sofa wood

Transit sofa brassとTransit sofa woodは、無駄がなく、コンパクトで座り心地の良い、シンプルの極みを目指して開発しました。特徴的な意匠を追い求めることよりも、より無駄の無い意匠性と機能性を如何にシンプルにバランス良く両立させることができるかどうか、それがこのソファで目指したテーマです。

ソファはリビングの空間を最も大きく占領する存在です。多くのソファはサイズによってその存在感を示そうとして大きく作られがちですが、実際の居住空間やラウンジスペースでは家具を効率よく配置した、ゆとりのある空間が求められます。この相反するテーマに対して、コンパクトでありながら、さらにソファとして求められる機能性とデザイン性の両面を追求したのがTransit sofaです。

できるだけ全体のボリューム感を抑えつつ、決して貧弱な印象にならないようにアーム、背もたれ、シートの厚みを調整し、座面の内部は小型のポケットコイルを採用することで薄いシートでありながら適度な反発力を持たせて快適な座り心地を実現させました。また、アームから背のラインを水平に揃えることによってコンパクトで無駄の無い印象を与え、アームの内側に僅かな膨らみを持たせることでシンプルなデザインの中に微妙な艶やかさを演出しています。この膨らみによって座った際に身体を優しく包み込むような感触を得ることができ、そして様々な体型にフィットするように、身体を預ける背もたれには可動式のフェザークッションを採用しています。コンパクトな意匠からは想像できないゆとりのある座り心地を得ることができました。

真鍮脚のTransit sofa brassは空港のラウンジやパブリックスペースなどの軽快感を求められるような環境に、木脚のTransit sofa woodはコンパクトなリビングルームやホテルのラウンジスペースなどの柔らかさと優しさが求められる環境に適していますが、どのような環境にも柔軟に適応するニュートラルな意匠となっています。

  
品番: S-161B / S-162B / S-163B / S-161W / S-162W / S-163W
サイズ: W800×D800×H660×SH390 ~ W2000×D800×H660×SH390
背 / 座:
ファブリック張り(F) / レザー張り(L)
脚:
真鍮 – 磨き / 黒染