Concerto sonata (NEW)

日本の地域産業のコンチェルト・ソナタ

細やかな装飾が施された仏具や茶道具を真鍮やブロンズで鋳造する際、原型を蝋で作り、外側に石灰層の皮膜による鋳型を製造します。その鋳型の中に溶かした真鍮などの金属を流し込むロストワックス鋳造と言う製造方法が使われています。現在この工法を専門とする鋳物工場は日本に数社しか残っていません。

真鍮で作られたこのソファの脚部は、富山県高岡市にあるロストワックス工場で一つひとつ手づくりしています。その4本の脚を繋ぐ貫は、独自の金型を用いて真鍮を押出成形する京都に唯一残る工場で作られています。また、ソファに合わせたサイドテーブルは北海道の自社工場で、ソファ本体は宮城県で製造しています。ソファ内部の木部とウレタンや化繊綿などの下地を成形し、生地や革で全体を包み込んでソファが出来上がります。日本国内の産地が協業することで地域の特徴が組み合わされ、まるで協奏曲のように多彩な音色が重なって美しい楽曲となるように、一つの製品を生み出しています。