Kiku no Hana

雪洞型のシェードとベースを火袋として繋ぎ、円柱形の支柱も杉材と美濃和紙を張り込み、照明の光源は雪洞の下部に取り付けて、雪洞のシェードとスタンドが一体となって柔らかなあかりを放つようにしました。また、白熱球を使うことで蝋燭や菜種油の火に近い、燃えるようなあかりになるように調光機能を付けています。暗い空間の中に浮かび上がる菊の花のような、新しい雪洞の在り方に挑戦したものです。中心に向かって集まる杉材のフレームが日本の菊の花のような印象となるように、製品名もKiku no Hanaとしました。

フロアスタンドのKiku no Hanaは、雪洞型のペンダント照明Botan no Hanaを開発する中での新しい発想から生まれた照明です。雪洞型のシェードは杉材のフレームを極限まで細く、僅かに肩が張り出た形状にすることで、モダンな印象のシェードへと形を整えた照明ですが、このペンダント照明をスタンド型にするとどのような可能性があるのか、何通りかのパターンと素材で考えました。 はじめはステンレスのベースにペンダント照明のシェードを取り付けフロアスタンドにすることも考えましたが、杉材と美濃和紙と金属との相性はあまり馴染みません。そこで、これまでの日本の伝統的な照明器具にはなかった意匠を発想しました。

タイムアンドスタイルのニュースレターにご登録いただいた方には、ショップ情報、製品、イベントや展覧会などの最新情報をお届けいたします。

メールアドレスは、ニュースレターの配信にのみ使用させていただきます。