Leonardo swing lounge chair

このラウンジチェアはファブリックに包まれた背もたれ・座面と4本の脚でシンプルに構成された椅子です。しかしこの椅子は、現在の仕様に至るまで多くの変遷がありました。もともとこの椅子は、座にあるようなサイド面と座面であるトップ面の構成が背もたれにもありました。座面の延長線上にある椅子の背もたれの在り方で椅子のイメージが大きく変わります。

シンプルに見えますが、椅子の座面のステッチラインが一筆書きのように1本のラインを描いています。背もたれの表面と背中面は2つの面によって構成しました。座のサイド面は背中面に緩やかに繋がり、背中面は緩やかなアール面を描き背もたれの表面のステッチラインに繋がります。そのようないくつもの面を柔らかな曲面によって生み出すことで、シンプルでシームレスな構成ですが、背もたれと座との関係性を成立させるためには、複雑なこれまでの変遷と製作のプロセスが裏側に隠れています。

 

品番: l-058
サイズ: W584×D665×H774×SH420×AH536
背・座:
ファブリック張り(F) / レザー張り(L)
脚: