The sensual ladder back ottoman

オットマンに足をのせ、ラウンジチェアに身体を預けて過ごす穏やかな時間を想像し製作しました。また、暮らし方や使い勝手に合わせて、オットマンのみをスツールとしても使えるサイズ感や持ち運びやすさ、そして美しい佇まいも大切にしました。前後に角度の付いた脚が落ち着いた印象を与え、最小限に構成された貫がシンプルで清々しい姿を際立たせます。座面のクッションはパイピングで縁取られ、柔らかな感触とシャープなアウトラインが意匠のバランスを保っています。