Men

Jean-Marie Massaudは、剣道の面からインスピレーションを得てこのプロダクトを具現化しました。手作業によって 1 本 1 本のスチールロッドを型で成形してリング状にし、サイズと形状が異なるワイヤーのパーツを縦方向の 2 本のワイヤーで繋ぎ合わせて、ボリューム感を表現したチェアです。ワイヤーのアウトラインによって見えてくる、内包された空気が表現された、初めての椅子です。

彼の信条の柱としてある、「デザインは人間の進化に寄与するものであるべき」という言葉が物語るように、物質的な贅沢のためとしてではなく、人間が生きてゆく上でデザインがもたらすべき役割を明確に定義しようとしています。そのようなダイナミズムと共に人間的な繊細さが共存するのが、彼が創造する世界です。

Designer:Jean-Marie Massaud