Nightfly chair

後脚と背柱の緩やかなカーブを描く曲線と、背柱から伸びる円弧を描いた長いアームが、豊かな時間のためのラウンジチェアとして存在します。奥行きの深さが特徴ですが、快適な使用感を重視して、背板の位置を配置しています。また、座面を少しだけ傾斜させることで、見た目の木の硬質感よりも優しい背当たりとなり、体をゆったりと預けることができます。

背柱は顎出しという仕口方法で、部材同士を自然に繋げ、椅子全体に一体感を作り出しています。一つひとつの部材の仕口方法や顎出しのような精度が求められる仕様は、職人の技術に加え、日本人の手先の器用さと根気が必要です。