Leonardo swing lounge chair

このラウンジチェアは、アームの先端を摘んだように、1 本のステッチラインで繋ぐことをデザインのポイントとしました。ステッチラインはアームの先端からシェルのトップをぐるりと一周して脚へと繋がります。シェルと脚の境界線にはパイピングを施し、全体を引き締めました。

ワルツを踊るようにスイング感を持たせ、エッジの効いた空気感を大切にしました。座った時に両腕がアームに自然に馴染み、座面は手前から奥にかけて幅を少し絞り込み、背中を優しく包み込む形状にしています。