Vertical layer (NEW)

建築物の柱や梁などの構造体が規則的に連続している姿に、優美さや力強さを感じることがあります。私たちが美しいと感じるものには、形や色の組み立てにある秩序を見つけることができます。これらは「構成美の要素」と言われ、左右対称(シンメトリー)・繰返し(リピテーション)・律動(リズム)・均衡(バランス)などといった要素が存在します。

Vertical layerは、それらの要素を踏まえ、シェルフの構造体である縦板と横板の形状を緻密に構築して作り上げました。美しく立ち上る建築物をイメージし、垂直の層が強調されるように棚板をセットバックさせています。本を並べた時、見る角度によってその姿が現れたり、消えたりする、多彩な表情を持つシェルフです。