Arashiyama (NEW)

日本の国土の約70%は森林が占めており、その内の40%が人工林です。環境保護の観点からも森林伐採が地球温暖化に繋がるとされていますが、日本の人工林はそれに該当しません。植林・間伐・育林という手順を、人の手で循環させて森林を守っています。そして間伐した木を有効利用することで林業を活性化させ、人工林の理想的なサイクルを作り出しています。

Arashiyamaは国産材を使用し、森の中でまっすぐに伸びる木々を想像して設計しました。両面から使うことができるので、空間の間仕切りにもなります。自然との関わりを大切に思い、木の温もりを感じる生活空間がこれからは必要だと考えます。