Scheggia di roccia

美術作家でありジュエリー作家でもある吉良ゆりな氏が作るScheggia di rocciaは「岩のかけら」という意味を持つイタリア語です。吉良氏がイタリアで美術作家として活動をし、帰国したばかりの頃にScheggia di rocciaのオリジナルである壁面作品に出会い、直ぐに連絡を取って、作品をプロダクトとして製作したいことを伝えました。  

その後、何度か酒を酌み交わす中で、吉良氏が持つイタリアで身につけた力強いパッションと日本人としての繊細な感性が同居する、魅力ある作品の根源を理解することができたように思えました。吉良氏は日本人としての日本人らしさを失うことなくその繊細な感覚を持ち続けながら、感性を信条とするイタリアやスイスなどヨーロッパのラテンとアカデミズムの両方を身に纏い、日本人としての感性で作品を器用に製作していました。吉良氏の作品は自然の情景を切り取ったような、幾何学的で人工的な抽象性を共生させています。

その抽象的で美しさを持った作品をプロダクトとして製作することは新しい試みとして今でも新鮮に存在しています。美術作品として制作された作品をプロダクトとして製作することは多くの人々に吉良氏の持つ美術的な感性を提供することができるということで、これは素晴らしい出来事だと思っています。  

Designer:Yurina Kira