Jupiter

Jupiterは15年前から徳島県にある鏡台メーカーで製造している定番のミラーです。

その昔、四国の徳島や香川、高知には家具の産地がありました。造船業で栄えた四国も世の中が変わり、船用の家具の需要が減少する中、同じように鏡台で栄えた産地も需要の変化と共に衰退してゆきました。今では僅かな工場が生産を続けるだけとなり、時間と共に四国の産業は大きく変化してゆきます。

「四国八十八ヶ所巡り」といって四国に点在する八十八ヶ所の寺院を巡る旅の習慣があります。そこを巡ることで人々は自分の人生に時間としての区切りを付けたり、困難を克服するために訪れて自身の人生の足跡をそこに残してゆきます。日本の中でも巡礼の聖地である四国で、椅子やミラー・タオルなどといった私たち独自の製品を製作しています。

Jupiterは壁掛けのミラーとしては薄い箱のような形状をしています。シンプルなキャビネットのような箱形の家具を薄くしてミラーにした印象を持たせたいと思いました。前面のミラーとフレームには僅かな隙間が設けられています。その隙間はミラーとフレームに境界線を作り、ミラーに奥行を与えます。壁にミラーを掛けたときに生まれる陰翳はミラーの存在感を際立たせます。

 

品番: MA-350 / MA-500 / MA-735 / MA-900 / MA-616 / MA-316 / MA-200
サイズ: W350×H350×D55 〜 W1100×H2000×D90
フレーム: