Men

このMenという椅子は、スチールロッド1本1本を型に当てて成形し、リング状にしたひとつひとつサイズと形状の異なるワイヤーのパーツを、縦方向の2本のワイヤーで繋ぎ合わせて、立体的なボリューム感を線で表現したものです。この恐竜の骨のようなワイヤーのアウトラインによって見えてくる、内包された空気のボリューム感が表現された、初めての椅子です。このワイヤーの立体感を、彼は剣道の面からインスピレーションを得て具現化しました。実際の製作においてそれぞれ形状の異なるワイヤーを繋ぎあわせるため、全ての工程は手作業で行われます。その1本1本のロッドが繋がることで立体物のアウトラインが見えて来る時、この椅子の存在の意味も見えて来ます。

Jean-Marie Massaudは1人のデザイナーというよりも、1人の人間味溢れる尊敬すべき友人です。2005年にJean-Marie Massaud のセノグラフィーといえるような展覧会「Human Nature」を東京・南青山にある私たちの店舗の1~3階までのスペースを使って開催しました。

なぜ「Human Nature」を開催したのか?これは私たちにも、Jean-Marie Massaudにも明快な答えはないのかもしれません。それはまさに運命的な出来事であり、説明のできない必然的な出来事であり、お互いの必然性とタイミングによって生まれた、素晴らしい展覧会であり、もう2度と同じような展覧会は開催できないだろうとも思います。その記憶は私たちやJean-Marie Massaud、そして多くの来場した人々の心の中だけに残ってゆくようなものでした。過ぎ去ったものは美化されがちですが、私たちが共同で開催したこの「Human Nature」は、最もピュアな色彩を持った美しい展示構成であり、公共性の高いフェアな内容であったと思います。

エントランスには、有機的で動物もしくは植物のようなトルソが天地に無限に続くかのように伸びていました。そのトルソの林は外界の空気と心情を完全に消し去ります。そのエントランスから既に「Human Nature」の物語が始まっているのです。トルソの林を抜ける不思議な気分はJean-Marie Massaudが作り上げる空間やプロダクトが持っている人々の心が高揚する感覚。その空気はどこか本能的でありながら、アカデミックで品格を纏っています。きっとそれは、Jean-Marie Massaudのパーソナリティーによるものであり、彼が持っている最大の魅力であり、彼独自の世界観なのです。

Jean-Marie Massaudの信条の柱としてある、「デザインは人間の進化に寄与するものであるべき」という言葉が物語るように、物質的な贅沢のためとしてではなく、人間が生きてゆく上でデザインがもたらすべき役割を明確に定義しようとしています。そのようなダイナミズムと共に人間的な繊細さが共存するのがJean-Marie Massaud が創造する世界です。

Designer:Jean-Marie Massaud

Time After Time

スチールフラットバーのカンチレバー構造により、浮いたような軽快感が印象的なラウンジチェア。カンチレバーの弾力により座ると心地よく揺れ、ロッキングチェアに近いリラックス感が得られる。

スチールクロームの輝く素材感とファブリックやレザーの素材構成は、リビングシーンはもちろん、ホテルのロビー・空港・美術館などのパブリックスペースのアクセントとして、シンプルでシャープな存在感を放つ。

Sakura Sakura lounge

格子を施したこれまでの椅子の要素を再編集して、「格子の椅子」というテーマの集大成です。椅子のアウトラインは大きく変えずに、パーツひとつひとつの形状とパーツの構成によって、全体のバランスが集約されたディテールと構成要素の適度な密度を追求しました。和の佇まいを大切にしつつ、現代のモダンな空間と同居できるように、シンプルな中にも細やかなディテールを宿すことを試みています。 後ろの座枠と格子を途中で支持する横貫の中間部に接合部を設け、シンプルな中にも北欧的な要素を落とし込みました。この形状は、側面の貫にも取り入れています。

基本的な意匠は簡潔な部材の構成とし、背もたれの格子の特徴をより強調するデザインとしています。シンプルな中に、格子が持つ古い日本の街並のイメージと同居する、簡潔でモダンな印象の椅子として、ダイニングルームや和空間にも馴染み、様々なシーンを日本的でモダンな空間に作り上げます。
仕上げは、白木の表情を活かすソープフィニッシュ仕上げやビーズワックス仕上げ、その他にウレタン仕上げのバリエーションも用意しています。    

Sakura Sakura Rocking chair

格子を施したこれまでの椅子の要素を再編集して、「格子の椅子」というテーマの集大成です。椅子のアウトラインは大きく変えずに、パーツひとつひとつの形状とパーツの構成によって、全体のバランスが集約されたディテールと構成要素の適度な密度を追求しました。和の佇まいを大切にしつつ、現代のモダンな空間と同居できるように、シンプルな中にも細やかなディテールを宿すことを試みています。

後ろの座枠と格子を途中で支持する横貫の中間部に接合部を設け、シンプルな中にも北欧的な要素を落とし込みました。この形状は、側面の貫にも取り入れています。基本的な意匠は簡潔な部材の構成とし、背もたれの格子の特徴をより強調するデザインとしています。シンプルな中に、格子が持つ古い日本の街並のイメージと同居する、簡潔でモダンな印象の椅子として、ダイニングルームや和空間にも馴染み、様々なシーンを日本的でモダンな空間に作り上げます。

仕上げは、白木の表情を活かすソープフィニッシュ仕上げやビーズワックス仕上げ、その他にウレタン仕上げのバリエーションも用意しています。

Leone rattan lounge chair

ゆったりとした奥行感を持ったラタン素材のラウンジチェアはリビング空間に自然素材独特の空気を創造します。深い奥行きと背中の高さを十分に確保して、ハーフアーム仕様としたLeone rattan lounge chairには背当りを良くするためのクッションをセットしています。コンパクトなサイズ感の中にも繊細な曲線の柔らかな曲面で構成されたシェルは、ラタンの素材感とインドネシアのラタン職人の造形力によって生み出されました。

また、美しい皮むきの白いラタンによる繊細な表情がより美しいシルエットを作り出しています。ファブリックやレザーと言った素材に限定されがちなリビング空間に南国のリゾート的な雰囲気と都会のモダンな空気感を同居させることをコンセプトとしたLeone rattan lounge chairです。ラタンと言う自然素材とラタン職人の高い造形力、そしてモダンな意匠のバランスの取れたラウンジチェアを目指しました。

在庫なくなり次第終了となります。 在庫状況お問い合わせください。

Leone seamless lounge chair

これまでのラウンジチェアと比べ全体のサイズと奥行を大きくし、背当たりクッションを標準でセットし、よりゆったりと寛げるように座り心地を向上させました。

全体に細いフレームと柔らかなクッション性を持たせた、ファブリックで張り込んだ奥行のあるラウンジチェアのシェルは、ステッチラインをアームの手前から一本で立ち上げて背中をぐるりと回り込む仕様で、スッキリとしたイメージとふくよかさが共存し、シャープなシルエットを生み出しています。

軽量なラウンジチェアは手軽に移動ができて何処にでも気軽に置けます。全体的なボリューム感を抑えることでコンパクトなラウンジチェアの在り方を保ち、様々なロケーションで使用出来るモダンとクラシックの両立と使用領域のフレキシビリティを実現させました。

Nightfly chair

Nightfly chairという名前は、アメリカのミュージシャンDonald Fagenのアルバム「The Nightfly」のイメージから名付けました。1982年に制作されたこのアルバムは、その時代の雰囲気を今も感じさせる素晴らしい音楽がラインナップされた名盤です。

背板に木を使用したラウンジチェアはあまり存在しないのですが、ダイニングチェアのZepher chairと同様に、後脚と背柱の緩やかなカーブを描く曲線と、背柱から伸びる円弧を描いた長いアームが、大人の時間を過ごすラウンジチェアとしての佇まいを作り出しています。奥行きの深さが特徴ですが、実際の使用感を重視して、背板の位置は背当たり感を考慮して配置しています。また、座面を背板方向に少しだけ傾斜させることで、見た目の木の硬質感よりも優しい背当り感となっており、体をゆったりと預けることができるように設計しています。

アームが緩やかな円弧を描いて背柱に融合するように、背柱は顎出しという仕口方法で、部材同士を自然に繋げ、椅子全体に一体感を作り出しています。この顎出しは大きな材料を必要とします。アームと背柱を単純に突き付けで繋ぐことも可能ですが、この顎出しによる接合で椅子の存在感が大きく変わり、全体の強度も高まります。ひとつひとつの部材の仕口方法や顎出しのような逃げのない精度が求められる仕様は、工場の職人の技術に加え、日本人の手先の器用さと根気が必要ですので、製作工場の中でも1人の職人が重要な部分を担ってくれています。

Li

この椅子は、ダイニングチェアLongの奥行きを深くし、ゆったりとした大らかさをデザインしたラウンジチェアです。この明朝スタイルは中国独自の強い個性を持っているため、モダンなデザインに解釈することが難しいデザインです。このアームの部材は曲げ木ではなく、無垢板を丸棒に削り出して、6本のパーツを繋ぎ、アームから背もたれの柔らかいラインを作っています。細かくパーツを分割して繋ぎ、自然なアウトラインを描いて曲線を作り出すことには膨大な時間を要しています。

背板は無垢材を曲げて使用しています。脚が立ち上がり、アームから背もたれ、背柱が大きな円弧を描く明朝スタイルのこの椅子は、空間に中国的でありながら、モダンな緊張感と柔らかさを持った空気感を生み出します。私たち日本人から中国人や中国文化に対する敬意を表した椅子です。

The bird chair lounge

鳥が羽を伸ばし、飛び立つ瞬間をイメージした一脚です。片持ちの背板を後方に飛び出したアームから立ち上がったフレームで支持する、新しい椅子の在り方として独自の意匠性で新鮮な存在感を目指しました。

深い座面と背中のホールド感は椅子の繊細なイメージよりも安定した座り心地を実現しています。座面も極限まで薄くすることを試み、構造的に強度を確保できる限界値まで薄くしました。これは、前脚と後脚との接点も考慮して座面の厚みは計算しなければなりませんが、極限まで薄くできたことによって全体的に軽快感が生まれたと思います。椅子は実際に使用する時には後方からの姿と側面からの伸びやかな美しさが問われる製品です。その特別な存在感は突き出した鳥の羽根のようなアームから伸びたフレームと背板が印象を決めていると感じています。

Leonardo swing lounge chair

このラウンジチェアはファブリックに包まれた背もたれ・座面と4本の脚でシンプルに構成された椅子です。しかしこの椅子は、現在の仕様に至るまで多くの変遷がありました。もともとこの椅子は、座にあるようなサイド面と座面であるトップ面の構成が背もたれにもありました。座面の延長線上にある椅子の背もたれの在り方で椅子のイメージが大きく変わります。

シンプルに見えますが、椅子の座面のステッチラインが一筆書きのように1本のラインを描いています。背もたれの表面と背中面は2つの面によって構成しました。座のサイド面は背中面に緩やかに繋がり、背中面は緩やかなアール面を描き背もたれの表面のステッチラインに繋がります。

そのようないくつもの面を柔らかな曲面によって生み出すことで、シンプルでシームレスな構成ですが、背もたれと座との関係性を成立させるためには、複雑なこれまでの変遷と製作のプロセスが裏側に隠れています。

Double Vision lounge

この椅子の特徴は丸棒で立ち上がった後脚が背柱と背板の接合部で滑らかに、意識することなく一体となって融合するところにあります。後脚は丸棒でありながら緩やかにラウンドした背板ときれいに馴染み一体となる部分が最も難しかったところでもあります。そして、背中から手前に向けて緩やかにカーブするアームのラインとアームの木部を山なりに少しだけカーブを付けることで、手や肘をアームに載せた時に感じる優しい感触を意識してデザインしました。

また、後脚の倒れる角度も倒れ過ぎず、目立ち過ぎない、凛とした大人の品格を持った緊張感のあるバランスを見極めて角度を決めました。仕上げにはソープフィニッシュによる白木の表情を大切にしたものを用意しています。Double Visionという名前は背板と背柱の全く違う印象から来るものですが、アームが背中から前方に柔らかくカーブしてゆく後ろ姿からの椅子の景色が特徴であるとことにも由来しています。

Sting upholstered chair – Sting low upholstered chair

ホテルや空港のラウンジスペースなどパブリック性の高い場所、または自宅のラウンジチェアとして、コンパクトでありながら、身体が包まれる贅沢なチェアをイメージしました。また、ソファシーンに合わせるラウンドチェアとしても様々なタイプのソファシーンに合わせてレイアウトができます。バーのカウンター席やラウンジスペースには最適な椅子です。

Stingはラウンド型に成型して曲げた成型合板をフレームとして使用しています。ラウンドしたビーチ材を下地とした成型合板の表面材はウォールナット材とビーチ材の突板を使用しています。成型合板のラウンドしたフレームは一体型の型を使用していますので、強い強度を確保しており、成型を繰り返しても同じ形に作りだすことが出来、プロダクトとしての精度を持っています。

外側が突板のタイプとファブリックまたはレザーの張込みのタイプの2つの仕様を用意しました。さらに座面の高さは通常のダイニングチェアタイプと低めのラウンジタイプの2種類の仕様があります。それぞれの仕様のバリエーションによって椅子の表情は変わり、様々なシチュエーションによってレザー張りにしたり、彩度の高い色のファブリックの張りぐるみにすることで、全く異なるイメージの空間を作ることができます。ラウンドシェルの座面の下部にあるオフィスチェア用の回転ベースによってシェルと座面の本体を浮くように支持し、座面の中心を芯として回転するような機能を持っています。

Sting wood back chair – Sting low wood back chair

ホテルや空港のラウンジスペースなどパブリック性の高い場所、または自宅のラウンジチェアとして、コンパクトでありながら、身体が包まれる贅沢なチェアをイメージしました。また、ソファシーンに合わせるラウンドチェアとしても様々なタイプのソファシーンに合わせてレイアウトができます。バーのカウンター席やラウンジスペースには最適な椅子です。

Stingはラウンド型に成型して曲げた成型合板をフレームとして使用しています。ラウンドしたビーチ材を下地とした成型合板の表面材はウォールナット材とビーチ材の突板を使用しています。成型合板のラウンドしたフレームは一体型の型を使用していますので、強い強度を確保しており、成型を繰り返しても同じ形に作りだすことが出来、プロダクトとしての精度を持っています。

外側が突板のタイプとファブリックまたはレザーの張込みのタイプの2つの仕様を用意しました。さらに座面の高さは通常のダイニングチェアタイプと低めのラウンジタイプの2種類の仕様があります。それぞれの仕様のバリエーションによって椅子の表情は変わり、様々なシチュエーションによってレザー張りにしたり、彩度の高い色のファブリックの張りぐるみにすることで、全く異なるイメージの空間を作ることができます。ラウンドシェルの座面の下部にあるオフィスチェア用の回転ベースによってシェルと座面の本体を浮くように支持し、座面の中心を芯として回転するような機能を持っています。

Takenoko lounge chair (NEW)

丸太柱の根本を斜めに面とりした部分を、茶人たちは古くから「タケノコ」と呼んできました。これは床を貫くものとして忌み嫌われる家屋内の筍の子を、 あばら屋の風情として愛するような、侘び寂びの感性の現れです。私が建築に丸太を用いるのも、素材の美しさはもとより、自然に合わせて暮らす日本人の自然主義的美学が空間に立ち上がるからです。そのような慎ましい場に相応しい椅子を作ることが私の願いでした。

タイムアンドスタイルは、丸太の製材・乾燥から行い、木と丁寧に向き合うものづくりの中で、日本人特有の美学や精神性を大切にしてきたブランドです。私はその姿勢に共感し、ダイニングチェアとラウンジチェアの製作を依頼しました。

最初に構想したのは、椿の皮付き丸太を日本の木造軸組建築のように水平垂直に構成した、小さな空間性を持つ椅子です。座り心地や使い勝手を追求し、正面に回りこむときにつま先があたる後脚や、座ったときに踵が当たりやすい前脚を斜めにカットすると、「タケノコ」が現れました。また、アームをテーブルに掛けて椅子を浮かせることで、テーブル下の掃除がしやすいことにも拘りました。禅寺の修行の一つに掃除があるように、場を美しく清めることは、私たちがどう生きるかという哲学的で宗教的な実践なのです。 このプロダクトはそのコンセプトモデルを元に、沢山の方が求めやすいように、製材された無垢の丸棒を使って制作されたものです。

「場を掃き清め、自然に合わせて暮らすこと。」そのような慎ましい生活のための椅子が誕生しました。

(中村拓志)

Philosophers lounge (NEW)

Philosophers loungeは断面形状を楕円に削り込んだ木の無垢フレームと置き型のクッションで構成されたラウンジチェアです。 背柱と座枠が交差し、それを支持する後脚と貫の接点が作る、フレームの構成的な面白さは、オブジェのような要素も感じさせます。

クッションはフレームの楕円形状をそのまま大きくスケールアップした輪郭を持つマチなしの形状にすることで、ふっくらとした膨らみと、柔らかさを出しています。ゆったりと身体を預けられるシートクッションと手触りを大切にした幅広のアームが快適なラウンジチェアを作ります。

クッションを受けとめる板状の貫は、丁寧に角を落とし、間隔を開けて配置することで通気性の確保とクッションに取付けたベルトを巻きつけて固定し、クッションがずれることを防ぐと同時に意匠性も兼ねています。

ゆったりと頭まで預けられるハイバックと小ぶりなローバックの2種を用意しました。

The sensitive comfortable lounge arm (NEW)

クッションは十字に縫製されたダブルステッチが表情を豊かにし、また適度なルーズ感を生み、柔らかな見た目と座り心地を実現させました。クッションを受けとめる板状のルーバーは、1枚1枚丁寧に角を面取りして上質に仕上げています。

チェアをテーブルに合わせた時の後ろ姿からは、これまでにない個性と存在感を持ち、空間に幾重にも重なる奥行き感を作り出します

Philosophers lounge low (NEW)

Philosophers loungeは断面形状を楕円に削り込んだ木の無垢フレームと置き型のクッションで構成されたラウンジチェアです。 背柱と座枠が交差し、それを支持する後脚と貫の接点が作る、フレームの構成的な面白さは、オブジェのような要素も感じさせます。

クッションはフレームの楕円形状をそのまま大きくスケールアップした輪郭を持つマチなしの形状にすることで、ふっくらとした膨らみと、柔らかさを出しています。ゆったりと身体を預けられるシートクッションと手触りを大切にした幅広のアームが快適なラウンジチェアを作ります。

クッションを受けとめる板状の貫は、丁寧に角を落とし、間隔を開けて配置することで通気性の確保とクッションに取付けたベルトを巻きつけて固定し、クッションがずれることを防ぐと同時に意匠性も兼ねています。

ゆったりと頭まで預けられるハイバックと小ぶりなローバックの2種を用意しました。

The sensual ladder back lounge arm (NEW)

近年、家で過ごす時間が増え、どういったチェアが快適な時間を作るかと考えた時、座面の座り心地はもちろん、背もたれの感触が快適性に大きく影響するのでは、と考えました。

The sensual ladder back chairは比較的コンパクトなサイズ感ながら、背と座のクッションに包み込まれるような、柔らかでゆったりとした座り心地に重点を置いています。特に背のクッション性を高めることで、クッションが身体に馴染み、異なる体形によって生まれる快適性の個人差を解消させ、ソファに座っているような感触を作りました。

完結しているウッドフレームにクッションを取り付けることで完成する、新しいチェアの構成としています。前脚、後脚の断面形状を楕円形とし、正面からは脚部の稜線のラインが細くシャープな印象を与え、側面からは楕円の膨らみが柔らかな印象を作り、フレーム全体が滑らかに繋がっています。また背、座のフレームは無垢材の数本の貫で強度を出してクッションを固定させる実用的な役割と同時に意匠性を持っています。

どこか懐かしさを覚える佇まいの中に、柔らかい滑らかな繋がりを持たせることでモダンな意匠としました。

Icarus Wing low back – wood legs (NEW)

シンプルでボリュームを抑えたフォルムは、多様な空間に馴染むラウンジチェアです。控えめなデザインは、パブリックなラウンジスペースなどで複数脚並べて使用するのにも適しています。身体を預け、ゆったりと時間を過ごすことができるラウンジチェアを目指し、座面クッションや内側の背、腰の部分にはフェザーを使用しました。 脚部は金物脚と木脚を用意しました。金属の回転脚は富山県高岡市の鋳物技術を採用し静かでモダンな佇まいを、木脚は無垢の丸棒を貫で繋ぐ繊細な構成とし、シェルとのボリューム感を対比させました。

納期はお問い合わせください。

Icarus wings – wood legs (NEW)

I-802W

私たちはこれまで木をベースとした製品を作ってきましたが、ファブリックに包まれたラウンジチェアが醸し出す、空間の中での上質感を表現したいと考えました。

大きく外側に広がったアームは滑らかに背中に収束をし、有機的でふっくらとした柔らかな佇まいとしています。内側と外側のサーフェスの境界である稜線は1本のラインで滑らかに繋ぎながら、エッジを強調し緊張感をもたらしています。

身体を預け、ゆったりと時間を過ごすことができるラウンジチェアを目指し、座面クッションや内側の背、腰の部分にはフェザーを使用しました。柔らかな姿と座った時の沈み込みやホールド感が連動し、エレガントな寛ぎの時間が得られます。また、ヘッドレスト部分には金物の機構を採用し、自身の身体にあった高さに調整することができます。

脚部は木脚と金物脚を用意しました。木脚は無垢の丸棒を貫で繋ぐ繊細な構成となっておりシェルのボリューム感と対比させ、金属の回転脚は富山県・高岡市の鉄鋳物を採用して重厚感を持たせました。幅広い空間に合わせて存在することができるラウンジチェアです。

I-802W
I-802W
I-802W
納期はお問い合わせください。

Icarus Wing low back – steel legs (NEW)

シンプルでボリュームを抑えたフォルムは、多様な空間に馴染むラウンジチェアです。控えめなデザインは、パブリックなラウンジスペースなどで複数脚並べて使用するのにも適しています。身体を預け、ゆったりと時間を過ごすことができるラウンジチェアを目指し、座面クッションや内側の背、腰の部分にはフェザーを使用しました。 脚部は金物脚と木脚を用意しました。金属の回転脚は富山県高岡市の鋳物技術を採用し静かでモダンな佇まいを、木脚は無垢の丸棒を貫で繋ぐ繊細な構成とし、シェルとのボリューム感を対比させました。

納期はお問い合わせください。

Icarus wings – steel legs (NEW)



I – 8 01B

私たちはこれまで木をベースとした製品を作ってきましたが、ファブリックに包まれたラウンジチェアが醸し出す、空間の中での上質感を表現したいと考えました。

大きく外側に広がったアームは滑らかに背中に収束をし、有機的でふっくらとした柔らかな佇まいとしています。内側と外側のサーフェスの境界である稜線は1本のラインで滑らかに繋ぎながら、エッジを強調し緊張感をもたらしています。

身体を預け、ゆったりと時間を過ごすことができるラウンジチェアを目指し、座面クッションや内側の背、腰の部分にはフェザーを使用しました。柔らかな姿と座った時の沈み込みやホールド感が連動し、エレガントな寛ぎの時間が得られます。また、ヘッドレスト部分には金物の機構を採用し、自身の身体にあった高さに調整することができます。

脚部は木脚と金物脚を用意しました。木脚は無垢の丸棒を貫で繋ぐ繊細な構成となっておりシェルのボリューム感と対比させ、金属の回転脚は富山県・高岡市の鉄鋳物を採用して重厚感を持たせました。幅広い空間に合わせて存在することができるラウンジチェアです。



I – 8 01B


I – 8 01B

I-801B
納期はお問い合わせください。

タイムアンドスタイルのニュースレターにご登録いただいた方には、ショップ情報、製品、イベントや展覧会などの最新情報をお届けいたします。

メールアドレスは、ニュースレターの配信にのみ使用させていただきます。