JP / EN

House Art View / DESIGNART 2018

 

An exhibition about Villa Widlund by Claesson Koivisto Rune Architects at Time & Style

2018.10.17 wed – 11.4 sun
17日 18:00 — デザイナーズプレゼンテーション/
19:00 — オープニングパーティー

TIME & STYLE MIDTOWN

DESIGNART TOKYO 2018の期間中、TIME & STYLEでは、スウェーデンのデザインユニット、 CKR(クラーソン・コイヴィスト・ルーネ)と共に、彼らが手掛けた建築プロジェクトのプロセスを、 模型や写真、スケッチなどで展示するほか、新たに生み出したプロダクトの数々を展示いたします。
7年前、アートコレクターのための海辺の個人住宅を「ヴィラ・ヴィードルンド」と名付けました。

私たちが手掛けてきた最高のプロジェクトの一つであるこの建築作品を再訪し、
この建築での7年間の生活はどのようなものか、オーナーであるヤン・ヴィードルンド氏と共に分析を行いました (なぜなら時間の経過によってのみ、建築の質について信頼できる判断をすることができるからです)。
この建築・住居設計のコンセプトはどのように機能しているのだろうか?
居住者と空間の間の感情的な相互作用は、どのように起こっているのだろうか?
芸術体験と比較できる建築デザインの側面は存在するのだろうか?

この建築をきっかけに、そして時間の経過と共に、新たなオブジェクトが、
Claesson Koivisto RuneとTIME & STYLEによって生み出されようとしています。
1つの建築コンセプトによって作られた文脈でもありますが、そのもの自体が独自の機能も有しているオブジェクトです。
願わくば、情緒的な佇まいをと願っています。


新刊書『House Art View – Villa Widlund by Claesson Koivisto Rune』が展示会に向けて発売されます。
スウェーデンの写真家Åke E:son Lindman氏による2007~18年の写真を掲載。

展示会では、象徴的な木製スケールモデル、写真、スケッチや図面と新たなデザインオブジェクトのそれらすべてが、
「gesamtkunstwerk(総合芸術作品)」として構成されています。


—— クラーソン・コイヴィスト・ルーネ, 2018
News News Contents