night bird

京都や倉敷、飛騨高山など日本の古い街並には、縦格子が施されたファサードが静かな佇まいで街並を彩っています。その連続した格子の風景は日本の街並の原風景と言っても良いかもしれません。格子の風景は古典的で懐古的なものではありませんので、飽きることがありません。それは格子の細い柱が規則的に並び、決して過剰な装飾性を帯びていない繊細な美しさがあるからです。シンプルな縦格子意匠を椅子の背もたれにも採用しましたが、その格子の椅子は日本的であると同時に繊細でモダンな雰囲気を持っており、旅館や和の空間で数多く使われています。

古い街並にある格子の表情をベッドのフレームとして用いました。縦格子は日本の町家の街並などに多く使われており、スッと縦に伸びたスポークが連続する景色は日本的な佇まいです。マットレスの周りをコの字に格子を配置し取り囲むことで、中国の明や清の時代に作られたベッドに近い在り方になり、格子で囲うことで大きな座椅子のような佇まいを生み出しました。コの字の格子に囲われることで、籠の中にいるような感覚になります。この格子の囲いにクッションを並べれば、大きなマットレスの上は贅沢な寛ぎの場となります。

品番: B-151 / B-152 / B-153 / B-154
サイズ: W1050×D2090×H760×MH450 〜 W1670×D2090×H760×MH450
本体:

マットレス:
シルキーポケットマットレス