Bow – armchair

トーネットの曲木チェアは丸棒で構成された椅子のスタンダードとして、コルビュジエも愛用したことで知られています。この椅子は日本のものづくりの技術を活かし、使用する場所を選ばない普遍的な丸棒のチェアをコンセプトに開発しました。

フレームは曲木ではなく無垢材を削り出した同じ太さの丸棒で構成されており、脚先のみ少し絞ってスタンダードな椅子のプロポーションを踏襲しています。同じ太さのフレームは握った時に木の素材感を引き立たせ、接合部は無垢材を削り出した精度の高い技術を必要としています。

不必要な要素は加えず、体を支えるために弓のようにカーブした背柱を特徴として、住宅から公共空間まで幅広く空間に馴染む普遍的なチェアを目指しました。複数脚並んでも空間に圧迫感を与えず、シンプルな形状が空間にリズムを生み出す佇まいとなっています。–

chairs / stools / benches