Antelope

このソファの基本デザインであるアウトラインはそのままに、背当てのクッションを加え、張地とは対象的な色のパイピングを施すことで、ソファの佇まいに進化と新しい空気を吹き込む試みをしました。

現代の生活空間は多種多様です。またデザインやプロダクトの世界は常に変化しており、新しいものを生み出せない者は淘汰される過酷な世界です。その中で、私たちが目指しているものは、新しいものでもなければ古いものでもなく、特定のスタイルに限定された日本的な伝統的意匠でもなければ、現代的なモダンデザインでもありません。私たちが作ろうとしているものは、一言で表現するならば「長く使えるもの」です。

まず、長く使えるものはとても経済的です。価格的な観点からみると、その製品の単価から判断して購入しますが、1年間しか使えないものと10年間使い続けることができるもの、さらには50年、100年といった長期に渡って使用できるものによって、本来のモノの単価は変わってきます。日本に古くから伝わるモノの中には、200年前または500年前から使い続けられているものがあります。

器のように壊れやすいものでさえも数百年の時を経て、今もなお使われているものもあれば、漆器のように何度も塗り直し世代を越えて使われる道具も数多く存在します。価格の真の価値を考える時、私たちがどのような想いを込めてデザインし、伝統を継承する職人たちに作ってもらったモノを如何にして人々に伝えるかで、そのモノの運命と価値が決まるのです。

品番: S-241P / S-242P / S-243P / SI-241P / SI-242P / SI-243P
サイズ: W1050×D825×H640×SH405 ~ W1990×D825×H640×SH405
背 / 座:
ファブリックカバーリング(F) / レザー張り(L)
脚:
アルミ, スチール