Bow – armchair

フレームの接合部は職人による高い精度によって滑らかに繋がり、握った時に木の素材感をしっかりと感じ取ることが出来る椅子です。椅子の基本形として最小限のパーツで構成された意匠の中に、弓のようにしなやかにカーブした背柱を特徴としています。アームも脚部と同じ太さで構成することで椅子全体に馴染み、手にも馴染み、コンパクトながら快適な座り心地が得られます。フレームの接合部は顎出しによって、滑らかに繋がり、シンプルな意匠ながら素材の上質感を細部にまで感じることが出来ます。