Sting wood back chair – Sting low wood back chair

足元から背中まで一体となった大きなシェルに包まれるようなコンパクトなラウンジチェアを作りたいと考えました。ホテルや空港のラウンジスペースなどパブリック性の高い場所や、自宅のラウンジチェアとして、コンパクトでありながら、身体が包まれる贅沢なチェアをイメージしました。

Sting はラウンド型に成形して曲げた成形合板をフレームとして使用しています。成形合板は一体型の型を使用しているので、高い強度を確保し、成形を繰り返しても同じ形に作りだすことが可能で、プロダクトとしての精度を持っています。座面の高さは通常のダイニングチェアタイプと低めのラウンジタイプの 2 種類を用意しました。