Carlos

I-186 Carlos

少ない部材で効率的に製作出来る椅子とは何か、シンプルで明快な構成でありながら長い時間にも耐え得る強度を確保し、魅力を保ち続けることが出来る椅子とはどのようなものか、という問いの答えとしてデザインしました。この椅子のエディションは Antonio、Carlos、Jobim の3部作からなり、私たちが考える椅子の原形として18年前から製作を続けています。Carlosを3部作の原点とし、AntonioとJobimを派生系として加えました。Carlos は座った時の背中のホールド感を高めつつ、強度を上げる構造としています。Antonio は最もシンプルな構成で 、Jobim は十字架とタイムアンドスタイルのロゴである「 t 」を表現しています。

I-186 Carlos
Antonio, Carlos, Jobim