The sensitive comfortable armchair

完結しているウッドフレームにクッションを取り付けることで完成する、新しいチェアの構成です。クッションは十字に縫製されたダブルステッチが表情を豊かにし、適度なルーズ感が柔らかな見た目と座り心地を生みました。やや垂直に立ち上がる脚部は静かな佇まいを持ち、穏やかさと繊細さが融合するダイニングチェアです。クッションを受けとめる板状のルーバーは、1 枚 1 枚丁寧に角を面取りして上質に仕上げました。チェアをテーブルに合わせた時の後ろ姿は、これまでにない個性と存在感を持ち、空間に幾重にも重なる奥行き感を作り出します。