Bow – side chair

精緻な技術で丸棒に削り出された無垢材をシームレスに繋ぎ、飽きることのないスタンダードな椅子をテーマとしました。フレームは同じ太さの丸棒で構成し、脚先のみ少し絞ることで普遍的な椅子のプロポーションを踏襲しています。手に触れる部分のフレームの太さを揃えることで、見た目だけでなく手触りにも一体感を出しています。不必要な要素は加えず、体を支えるために弓のようにカーブした背柱を特徴としています。複数脚並んでも空間に圧迫感を与えず、シンプルな形状が空間にリズムを生み出す佇まいとなりました。