Objects with an existential crisis

「存在が崩壊した」という意味は、その存在を定義できないという意味を持っています。木の切り株のような形をしたこのオブジェには、いくつかの機能があります。一つは、小さなテーブルとしての存在であり、上下をひっくり返して 3 本の脚を上にした時の小さなスツールとしての存在です。そしてもう一つは、何も用途を成さないオブジェとしての存在です。これが Objects with an existential crisis という名の所以で、パトリック・シアのデザインに対する考え方を象徴するものです。人々の感情を動かす存在であるオブジェも一つのプロダクトであるという、新しい考え方に基づいた、彫刻作品に近いデザインプロダクトです。

Designer:Patrick Chia