Double Vision lounge

この椅子の特徴は、丸棒で立ち上がった後脚が背柱と背板の接合部で滑らかに融合するところです。背中から手前にかけて弓なりにカーブしたアームは、手や肘を載せた時に感じる優しい感触を意識してデザインしました。またアーム上部の緩やかな膨らみは、柔らかく手に馴染み、快適な座り心地を助けます。また、後脚の角度は倒れ過ぎず、凛とした大人の品格を持った緊張感のあるバランスを見極めました。

Double Visionという名前は背板と背柱の全く違う印象から来るものですが、アームが背中から前方に柔らかくカーブしてゆく後ろ姿が特徴であることにも由来しています。