Tree

装飾的な意匠を削ぎ落し、構造的にも無駄な要素をすべて排除しました。コンパクトなサイズにとどめながら、長時間の着座に耐え得るバランスとなるように、座面の幅と奥行、背板の幅と高さを決めています。背板は無垢板を曲げ加工し、背柱との接合部は滑らかに一体感を出しました。背板の素材感はこの椅子の表情を最大に引き出して、シンプルなフォルムの中に独自の存在感を持っています。座面は、薄さを保ちながら適度なクッション性を持たせ、快適性も満たしました。軽量化を実現し、誰でも片手で持つことができる、可動性と安定性のあるシンプルな椅子です。