Tree 17

Treeは「日本の椅子」というテーマの元に、シンプルでありながら、日本的な佇まいと魅力が宿る椅子とは何かを問いました。簡潔・清楚・静寂・普遍・品格を念頭に、椅子の機能も充分に満たすデザインを求めました。この椅子では、後脚の角度と背柱の角度や背もたれも含めた全体のボリュームのバランスを大切にしました。背板のコーナー部を R 状に面取りすることで、全体に柔らかく、優しい無垢材の素材感をより際立たせています。面取りを加えるというわずかなディテールが、椅子の存在感を変えるほどの重要な要素になっています。